コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロラドスプリングス空港
先日コロラドスプリングスでも数少ない日本人の友人が帰国の途に発ちました。友人と言いましてもまだ2・3回しか会う機会もなく友達になりかけの知人です。3ヵ月後の8月の後半には戻ってくるのですが、関西弁で気兼ねなくしゃべれる相手がいなくなるのはしゃべり好きの私には大変辛いことです。

その際、コロラドスプリングス空港まで見送りに行ったのですが、思えば3ヶ月前にボストンからたどり着いた時以来です。あの時はコロラドに友達もいず、そしてコロラドスプリングスのこともマイナーリーグの仕組みもチームの運営についてもほとんど知らない状態でした。とにかく自分が大切にしている「気合」や「根性」の精神だけだったような気もします。

あれから3ヶ月。学んだことはたくさんありますし、チームでは難なく自分の仕事をこなしています。しかし、仕事上でも私生活の上でもまだまだやりたいと考えていたことが思い描くようにできてないのが現状です。そして残された時間も多くはありません。コロラドでのスタート地点であるコロラドスプリングス空港にて、これからも一日一日を大切にしなければいけないと改めて考え直すことができました。
スポンサーサイト
桜プロジェクト
本日は朝7時出発で一路ボルダーまで。陸上の選手が合宿するということで有名なあのボルダーです。

目的は「桜プロジェクト」への参加。ボルダー在住の日本人の方々が、ボルダーでお花見をしたいという夢を実現するためのプロジェクトで、10本の染井吉野と2本の大山桜を植えてきました。

まず1ヶ所目の場所はこんなところです。
それは花見でもしたくなるような素敵な場所ですね。20060430202545.jpg20060430202607.jpg

さて桜の植樹ですが、まず掘ります。
20060430202909.jpg20060430203056.jpg

これがなかなか重労働。

次に桜の苗をその掘った穴へ。

20060430203224.jpg20060430203259.jpg

その後、土を戻し、土手を作り、木屑をかぶせます。
20060430203513.jpg20060430203544.jpg

最後に杭を打ち、風雨で倒れないように固定して終了。

20060430210310.jpg


さて2ヶ所目に移動。2ヶ所目はもっと街の中心に近いところだ。
マラソンをしている壁画や、実際に走ったりサイクリングしている人を見かけボルダーを実感する。
20060430212109.jpg

ここでさらに多くの人が合流。University of Colorado at Boulderの生徒など、久しぶりに日本の学生に触れ合う。実は元々この学生の内の1人にこのプロジェクトの存在を教えていただいたのがこのプロジェクトに参加したきっかけだ。かなり多くの日本人が集まる中、どこかで見た顔が!

オリンピックで2大会連続メダルを獲得し、1996年「自分で自分を褒めてあげたい」で流行語大賞をとったあのお方だ。聞けば、今年のベルリンマラソンに向けて調整中ということだ。ぜひがんばっていただきたい。マネージメント会社もされているので、いろいろと詳しいお話を伺ううちに、今後コロラド等でなにかお互い協力してできることを話し合っていきましょうという言葉をいただいた。ちょうど日本陸上連盟に掛け合いたいと思っていたところで、素晴らしいタイミングで素晴らしい人と出会えた。

この1週間でデンバー・ボルダーを訪れたこともあり、多くの人に出会うことができた。明日もコロスプの重鎮の御仁にお会いする約束をいただいている。相変わらず自分は周りの人に恵まれている。

20060430214824.jpg
日本総領事館
ある方のご厚意でデンバーにある日本総領事館にて首席代表領事とお会いするアポイントメントをいただいており、今日がその約束の日だった。10時半の約束に間に合うように8時半にコロスプを出発。

土曜日に行ったクァーズフィールドのすぐそばにある立派なビルディングの30階に日本総領事館はあった。当然のことながら入り口にはセキュリティガードマン。最近は検閲が厳しくなたようで、携帯を持ち込むこともできなくなったようだ。部屋によっては将棋や日本人形などの日本的なものが置かれているが、基本は凄く立派なカンパニーオフィスという感じで勝手に想像していたような領事館とは少し違った。

さて首席代表領事とご対面。自己紹介などを終えた後、気を使ってくれてかあちらからいろいろと僕のことに関して質問してくれる。一通り話し終え、今回の訪問の目的を首席代表領事に告げる。基本は3本立てだ。

1、
まずはデンバー日本総領事館のお仕事を詳しく伺う。大使館との違い。デンバー領事館の歴史・役割・課題。ボストン領事館との違い。デンバーにある他国の領事館。どういう来客があるか。首席代表領事のお仕事などをお話いただく。

2、
スカイソックスについて知ってもらう。スカイソックス紹介のDVDを観ていただいた。

3、
最後が大問題。コロラドに来てまだ2ヶ月の私が、「コロラド州内の日本人コミュニティの活性化」という内容でプレゼンテーションを試みた。内容にはおおまか賛同していただけたようで、僕の考えに興味をもっていただき多数のアドバイスをいただくことができた。

お忙しい中1時間半も時間をいただき、言いたいこと聞きたいことは全部話せた。今後僕が具体的な行動に移していくことが大事だ。結果、総領事館ともコラボレーションできるようにがんばりたい。


領事館を後にし、デンバー老舗旅行代理店のAさんを訪ねる。デンバーに12年以上お住まいのAさんはコロラドの地元事情に精通しておられる。自分の意見を真摯に聞いていただき、ここでも具体的なアドバイスを多々いただくことができた。おかげで話しているうちに領事館で話していたアイディアをより具体的にすることができた。最初の目標は決まった。コロラド内の学生事情を把握し、まとめ上げる組織作りをすることだ。もちろん学生街ボストンでの経験が活きることになると思う。何か面白いことをコロラドでできるよういろいろと考えていきたい。91


Aさんにはその後ご自宅に招待していただき夕飯をご馳走になる。豪勢にもすき焼きだ。しかも驚いたことにAさんの奥様はすき焼きに黒砂糖を使用していた。実は僕もすき焼きには黒砂糖というこだわりを持っており、よそ様の家庭で黒砂糖すき焼きをいただけるとは非常にうれしかった。

皆様とても面白い方で結局夜中1時過ぎまでいろいろと話し込んでしまいました。厚かましいと思いつつもとても楽しい時間を過ごせました。

やはり新しい人との出会いは重要です。今日の良縁を大事にし、今後のコロラド生活を充実させていきたいと強く願っています。
日本男児会
以前から時間を作ってお会いしようと約束していたコロスプ在住のSさんからのメールをご紹介。


皆様
4月8日(土)6時PMより、レストラン”凧”にて、日本男児会の”集会(?)”が確定致しました。
当日は”すき焼き鍋”を用意いたします。
今回は9名のスプリングスで働く日本男児(30代以上)が集合します。



というわけで日本男児会に行ってまいりました。誰ともお会いしたこともなく少々どきどきしておりましたが、皆様とてもいい方々でした。お一人の方が都合で不参加ということですが、その方を合わせた10名がコロスプの全ての日本男児のようです。

レストランの方もちゃんと日本語、ビールを注ぎあう日本男児、すき焼きには生卵もついてくる。なんてすばらしいんでしょうか。久々に日本文化にふれあいました。


商社で働く方やお医者さん、はたまた空軍学校で教鞭をとってる自衛隊エリートの方まで様々な日本男児が集まりました。何よりうれしいことに意外と関西人が多かった。以前神戸に住まれていた方が3人もいらっしゃった。ローカルな話で盛り上がることができました。本当に世間は狭いです。実はこの日本男児会は1年ぶりだったらしく、人数も多くなったことでこれからもう少し密に連絡を取り合うことが決まりました。少なくともサッカーW杯をバーベキューしながら見るということが決定。

こういうコミュニティの存在は何よりうれしいものです。これからも日本男児であることを忘れることなく頑張っていきたいと思います。
日常
コロスプ到着2日目からずっとお世話になっているホテルを明日の朝でチェックアウトする。1ヶ月もの間ホテル暮らしするなんて今までにもなかったことだ。過去にはトッド・ヘルトンをはじめとするスカイソックスの選手もよく利用したホテルだ。

毎朝同じ朝飯だったが、それはそれで朝からしっかり食べれてよかった。働いているスタッフはいつも同じ顔ぶれで、みんな僕に気軽に話しかけてくれる。バイトの学生も毎朝挨拶してくれる女性スタッフもフィリピン出身の掃除のおばさんも住み込みで雑用をしているおじいさんも、みんなみんな温かい人たちだった。

ホテル前のコンビニで働くジョシュとクリスタルとも友達になれた。高校生のようにコンビニでだらだらとしゃべってるのが妙に楽しかった。

偶然だが今日このホテルのシーズンチケットの郵送作業を僕が行った。明日からはいままで日常だったものが日常でなくなる一抹の寂しさがあるが、あのチケットを手にした彼らとスタジアムで再会するのを楽しみにしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。