コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マーチマッドネスとWBC
僕がMarch MadnessのFinal 4に予想したのはDuke, Gonzaga,UConn,BCの4校だった。UConnこそかろうじてOTで勝利したが、 他の3チームは優勝候補筆頭だったJJ Redick率いるDuke、個人的に一番応援していたBC、Adam Morrison率いるGonzagaが全てElite 8(ベスト8)に進むことなく早くも敗退してしまった。

g_anderson_412.jpgFLAfaggots.jpg

負けたチームのダンクを軽々決める巨人達が頭を抱え大泣きしている。勝ったチームは子供のように喜びを表現する。このように選手のみならず観客もTV視聴者も感情移入できる理由は明白だ。このマーチマッドネスが真の大学チャンピオンを決める戦いであることを誰もが知っているからだ。2500以上もの大学から選抜された65チーム。推薦や開催国出場権、前回優勝などの客観的だったり曖昧で不公平感のある選抜方法でなく、純粋にそのシーズンの成績で出場が決まる。

1度負けたらもう次はないというNCAAトーナメントと、選抜方法も組み合わせ方法も不透明で5勝3敗の成績で優勝できるWBC。根本にある問題は競技人口であろう。野球が盛んな国はそう多くない。野球は道具にお金がかかるほか、1人ではなかなかいい練習ができない。これは野球というスポーツの性質上なかなか解決できる問題ではないが、経済的に豊かで基盤のしっかりしたアメリカ・日本を筆頭に今後世界の野球競技人口の拡大に尽力していただきたい。
そういうビジョンがあれば数十年後のWBCはもっと成功する大きな大会になるのではないだろうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/27-f0a9ebc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。