コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5分の差
最初のホームスタンドが昨日無事終了し、本日は4月2日以来20日ぶりのお休みをいただいた。昨日まで目の前で生のベースボールを見ていたというのに、今日は4K(Keith, Kevin, Karen, Kazuoman)でデンバーまでロッキーズの試合観戦に出かけた。スカイソックスはロッキーズ傘下のマイナーチームのためチケットはいつでもただで手に入る。

対戦相手は今最も話題に上る選手バリー・ボンズのいるサンフランシスコ・ジャイアンツ。僕にとってロッキーズの試合観戦は初めて、ジャイアンツは2回目だ。(1度目は2005年5月日のシェアスタジアムでのメッツ戦)

車でコロスプから1時間少々。初めてのデンバーに初めてのクァーズフィールド。1990年に$215ミリオンかけて作られた、比較的新しいスタジアムだ。外見はレンガ造りで非常に美しい。

Coors Field
20060423154502.jpg

チケットはきのうお願いしたにも関わらず、一塁後方Midfield Box Seatの前から10列目。買えば$42という、予想していたよりずっといい席だった。
20060423154716.jpg

実は試合は6時5分に始まったのだが、ケビンのゴルフ終了が長引いた、道に少し迷ったなどなどの諸事情でスタジアムに入れたのが6時15分後頃。スコアボードにはジャイアンツに2点が記録されている。まさかとは思ったが悪い予想が当たり、ずっとMLBの話題の中心であった今年のボンズの第1号HRをたった5分ほどの差で見逃してしまった。正直少しがっかりした。390

3回表、ボンズの2度目の打席。物凄いブーイングと「ステロイド。ステロイド。」の連呼。やはりファンのサポートを失っているのは明らかだ。賛否両論いろいろ巻き起こっているが、僕はボンズが好きだ。(詳しくは「復活!バリーボンズ」を)これからも厳しい非難の声に負けずがんばって欲しい。

今シーズンでの引退を表明しているボンズ。もうこれで見納めかも?
20060423162816.jpg20060423162844.jpg

ボンズへの風当たりは予想以上に厳しい
20060423161344.jpg20060423161402.jpg

さて試合は5回表までにジャイアンツの一方的な展開だったが、5回の裏にHollidayの3ランHRが飛び出し1点差になり、俄然盛り上がりを見せてきた。

クァーズフィールド名物のHR後のセンタ後方の噴水
20060423160112.jpg20060423160133.jpg

Hollidayの3ランHR時のスコアボード
20060423160250.jpg

7回にはピッチャーに代わり代打Ryan Spilbourghsのアナウンス。耳を疑う。きのうまでスカイソックスにいた選手だ。しかも偶然にもプロモーション用のサインをもらうためにきのうしゃべった選手だった。いつの間にかロッキーズに昇格していた。結果、ライトの好守備に阻まれヒットとはならなかったが、これからもビックリーグに残れるようにがんばってもらいたい。

昨夜のような劇的な9回裏逆転サヨナラ勝利に期待したが、今夜は惜しくも4対6でロッキーズは敗戦。結果は残念でしたが、去年9月のレッドソックス対ヤンキースの最終戦を見て以来の久々のメジャー観戦をしっかり楽しむことができました。これから月1回はロッキーズ観戦に訪れようと思います。

右からKaren, Keith, Kevin
20060423163359.jpg

Keithはチーム一番のひょうきんもの
20060423163424.jpg

スタジアムエフェクトも素晴らしい
20060423163817.jpg20060423163836.jpg

スポンサーサイト

テーマ:MLB - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/56-e6e27b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。