コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怪我
今日は試合前にコロラド大学にて「子供の日」が行われるということで、マスコットの「Sox the Fox」を引き連れスカイソックスのPRを行った。残念ながらあまり時間がなかったので十分なPRになったかはわからないが、コロスプの日本人学生に初めて会うことができたのはよかった。やはり人数は少ないようだし夏は日本に帰る学生も多いようだが、かねてから念頭にあった学生との繋がりを広めるきっかけにはなりそうだ。

さて試合の方はJonathan Asahinaが先発。ここまで防御率7.66と調子が上がらなかったが、今日は強力なLas Vegas 51sの打線をきっちり抑える好投を見せた。6回に2ランHRを打たれたものの、6回2/3を5ヒット1四球の2失点でという内容。降板後に「Nice pitching!」とアサヒナに声をかけると、うれしそうに「Thank you」と応えた。彼には今日のようなピッチングを続けて今後も活躍してもらいたい。

試合は3対4で向かえた8回裏、2番手のZach McClellanが2アウトから連打を浴びたところで、抑えのBret Prinzが登場。見事同点のピンチを切り抜けた。その裏スカイソックスは4点を追加し、楽勝ムードで9回はBret Prinzが抑えて終了の予定だった。

9回の先頭打者に4球目を投げるとファールの打球は僕のいる方向に。危ないと思って避けたあと、マウンドに目を移すとBret Prinzが右腕をおさえながらうずくまっている。あきらかに様子がおかしい。急遽ピッチャー交代。顔を歪めながら僕の脇をトレーナーに付き添われてロッカーに消えていく彼のを見て、痛みより不安が勝る表情に思えました。

当然といえば当然なのですが、選手は常に怪我をする危険性を伴いながらプレーをしており、それが突然選手生命を左右してしまうことは多々あるのです。そのことを改めて実感しました。彼の詳しい怪我の情報はまだ聞いておりませんが、ただただ大事にならないことを祈るばかりです。

抑え投手の重要性は先日書いたとおり。今シーズン2度目の連勝を飾り波に乗りたいスカイソックスですが、先行きは今日の天気と同様、怪しくなってしまいました。

20060507014351.jpg


天気がおかしければ、チームメイトもおかしくなった・・・
20060507015757.jpg20060507015816.jpg


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オンラインナビゲーター
オンラインの検索サイト。無料オンラインゲーム、オンラインゲーム、メタルギアオンライン、遊戯王、オンラインスキャンなどオンラインに関する各種情報をお届けしています。 http://eilian.hartmerrell.com/
2008/11/29(土) 18:55:48 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/70-ccc3b602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。