コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不可解な采配
今日は次のホームスタンド(18日~25日)の全体ミーティングがあった。
このミーティングにはいつもここに書いてあるメンバーのうちオーナーと受付と会計とクラブハウスマネージャーを除いた全てのメンバーが出揃う。このFront Office Staffの構成を見ていただければ、マイナーのチーム構成が少しは理解していただけると思うので、興味のある方はじっくり見ていただきたい。

もちろんパートタイムで雇っている人やアウトソーシングで試合のある日だけなどに来ている人(売店の販売員・清掃員など)は多すぎて数え切れない。しかし、その多くの人をマネージメントしている人数は驚くほど少ないのが現状だ。

さて今日の試合だが、アサヒナ選手が先発で最初の3回は毎回1失点でどうなることかと思ったが、その後立ち直り5対3とリードして9回の裏を迎えた。ここで8回から登板していたRandy Williams投手が1アウトをとった後、四球とヒットを打たれ、ピッチャー交代が告げられた。これは当然の采配だ。

ここで出てきた投手がJentry Becksteadという聞いたこともない投手だった。それもそのはず、彼はダブルAのTulsa Drillersから昇格してきたばかり。しかも、11試合に登板して防御率7.47と何故昇格できたのか不思議なくらいの選手だ。

その彼を抑えとして起用したトム監督。その采配はまったく理解できない。結果はヒットで1点差に迫られた後、ホームランを打たれサヨナラ負け。せっかく今期初の3連勝を目前にしながら負けてしまった。ここにはマイナーならではの起用問題があるのだろうか?無論何か訳があるのだろうが、この采配ではここまでがんばった選手が納得できない気がする。

明日は元三振王ケリー・ウッドとの対決。いくつ三振をとられるか見ものである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
インキュベーターで30代,40代で起業
インキュベーターとは、ベンチャー企業に対する資金提供や施設、経営ノウハウの提供によって、その事業拡大を支援する人や組織のことをいう http://labellum.misterblackband.com/
2008/11/22(土) 19:11:14 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/75-75a2c753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。