コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スター選手による集客
カブスのKerry Woodがスカイソックス戦で右肩手術からの復活登板を果たした。結果は5回を投げて、5ヒット2四球3三振1失点とまずまずの様子だった。本人も手ごたえをつかんでいるようであり、来週の水曜日のナショナルズ戦に登板する可能性もあるようだ。

さて注目は観客動員人数である。12,000人収容可能なPrincipal Park新記録となる13,380人が詰め掛けたようだ。

この記録にはいくつかの要素が起因していると思われる。まず当然ながらケリー・ウッドという元奪三振王で28歳と若いスター選手のリハビリ登板の影響はいうまでもない。さらにこの金曜日に登板予定であることは、すでに5日も前から報じられており、特にMiLB.comでは「ケリー・ウッドの登板をみよう」とトップで報道され続けられていた。

6.8ミリオンかけて改装されたスタジアム、金曜日のナイトゲームという影響も大きい。もちろんケリー・ウッドがマイナーの営業を考えて金曜日登板を選んだとは考えにくく偶然の要素が強いとは思う。

それに比べるとスカイソックスもケリー・ウッド以上であるスター選手であり、将来の殿堂入りも確実視されているトッド・ヘルトンが今月初めの2日3日リハビリでコロラドスプリングスにプレーしにきたが、それによる集客はそこまでなかった。この情報が入ったのが前日の1日であったこと、平日の火曜日・水曜日の試合だったこと(特に水曜日は午前10時35分試合開始)が主な原因で、スター選手がプレーすることを宣伝し集客に繋げる時間も術もなかった。

マイナーチームにとってケリー・ウッドやトッド・ヘルトンのようなスーパースタープレイヤーがリハビリでプレーすることは営業的にとても大事であるに違いない。特にスタープレイヤーが来ることで、新規のファン層を開拓できることが大きい。その少ない機会を生かし集客に成功したアイオワ・カブスと集客に繋げられなかったスカイソックス。これは偶然から生じた結果なのだろうか?それとも情報力・営業力の差なのであろうか?このシリーズは3勝1敗で勝ち越したスカイソックスだが、マネージメントサイドとして集客の結果を重視して考えるとスカイソックスは完敗である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アントシアニンと美肌とダイエット
植物に含まれる紫色の色素のことでポリフェノールの一種、フラボノイド系 http://gadget.sabellsenterprises.com/
2008/11/21(金) 18:42:12 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/76-78fca6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。