コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
交流戦
「交流戦」と言えばやはりセ・パ交流戦を思い浮かべてしまいますが、MLBでもアメリカンリーグとナショナルリーグの交流戦(= Interleague)が行われています。といっても、アメリカンリーグは14チームでナショナルリーグは16チームのため、1試合だけは交流戦でなかったりもします。

インターリーグと言えばNYのサブウェーシリーズ(ヤンキース対メッツ)は日本でも有名ですが、その他にもいろいろと本拠地を近くにした2チームの試合が意図的に組まれています。

右がナリーグで左がアリーグ

同じ州内の戦い
シカゴ:カブス対ホワイトソックス
LA:ドジャーズ対エンジェルス
フロリダ:マリーンズ対デビルレイズ
テキサス:ヒューストン対レンジャース

その他にも
ジャイアンツ対アスレチックス
オリオールズ対ナショナルズ
パイレーツ対インディアンス
ブルワーズ対ツインズ
カージナルス対ロイヤルズ

などと地理的に近い組み合わせにして、アウェーのファンでも応援に行けるように組まれています。例外としてはここコロラド・ロッキーズ対トロント・ブルージェイズ。元々ロッキーズは地理的に近いチームがなく、こういう結果になってしまってます。

1試合だけナショナルリーグ通しの試合を組まなければならなかったり、ロッキーズのような例外もありますが、このようなインターリーグの意図的な組み合わせはファンならずとも注目してしまうのではないでしょうか?

それに比べると、日本の交流戦はどうでしょうか?去年始まったばかりということもありますが、個人的には全く注目したいカードが見当たりません。「野村監督と古田監督の師弟対決に注目が集まる」などの見出しがたくさん紙面を飾りましたが、ファンの注目度は相当低かったようです。つまり2年目の目新しい交流戦と言えど、メディアも他に注目できるようなネタがないのでしょう。

野球改革元年の目玉として取り入れられたセ・パ交流戦。去年は注目度も高かったようですが、それを持続させるのはなかなか難しいかもしれません。今年はサッカーのワールドカップもあり、その間の野球のテレビ視聴率も気になります。日本の野球を面白くするには、まだまだ知恵が必要かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
メンズ腕時計
メンズ腕時計を探すなら http://www.carrot-import.com/216129/301981/
2008/11/12(水) 19:31:23 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/84-28820512
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。