コロラドでのマイナーな生活
コロラド・ロッキーズの3Aに属するコロラドスプリングス・スカイソックスでのインターン生活。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bolder Boulder⑤
昨晩またまた大会側からメールが届きました。で述べたように、写真が自動的に送られてきたのだ。1枚写っていればいいだろうと思っていたが、なんと6枚も自分が写っている。(カメラと携帯を手に持ちながら走りました)5万人規模の写真をこんな短時間でどうやって分類しているのだろうか?不思議でならない。

さらに全ての写真はゼッケンの番号や苗字(Last Name)から検索できる。日本チームの勇姿の写真が欲しい人は、例えば吉田選手のゼッケン番号22で検索すると、こんな風に。日の丸背負って走る姿はかっこいいですね。

さらにさらに、この画像はいろんなサイズで注文できたり、マグカップやキーホルダーにできたり、、ボルダーボウルダーを走った証明書となったりと消費者心理をくすぐります。写真のことひとつとっても、本当によくできたシステムで感心しきりです。


炎天下で10キロ走った後に出てくる冷えたビールは、どんなまずいアメリカビールでもうまく感じるに決まってるという巧妙なマーケティングの話などもでしましたが、それに留まらず本当によくできた大会だと感じました。スポーツマネージメントの立場で大会を見て色々とあら捜しをしましたが、結局何一つ悪い部分は感じることがなかったです。

たった1日のことでしたが、陸上(長距離)という未知の世界を体験し、様々なことを学ぶことができました。またまたアメリカのスポーツマネージメントの凄さを見せ付けられたとも言えます。このようなスポーツの大会を成功に終わらせるためには、やはり細かなマネージメントができなければ不可能です。

兎にも角にも、私自身が大会に参加して走ることがとても気持ちいいと感じた。そして来年もこのボルダーボウルダーを走りたいと思った。スポンサーの自己満足なような大会でも、1人の有名アスリートが目玉の大会でもなく、誰もが主役になれる大会なのだ。このようなスポーツイベントをいつの日にか自分の手で手がけてみたい!

新しいスポーツとの出会いや今後心から応援できるスポーツ選手との出会いは、何事にも代えられない人生の喜びであると思う。その出会いだけで人生の楽しみが何倍にも増える。私がボストンでレッドソックスと出会い、ベースボールが以前にも増して好きになり、毎日毎日のベースボールに関する喜怒哀楽が無限大に広がった。そして2006年のメモリアルデーに長距離陸上というスポーツに出会い、人生の楽しみがまたひとつ増えた。そして、このようなことを人に伝えられる可能性のあるスポーツマネージメントという仕事は最高であると思う。


最後に、Team Arimori(勝手に命名)の皆様には大変お世話になりました。
この場を借りて、心から深く御礼を申し上げます。


No Sports, No Life.  -Kazuoman-
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヌーブラと美肌とダイエット
ヌーブラとは、ストラップもベルト、ホックもないブラジャーのことで素材の粘着性と弾力性を利用して、胸にしっかりとフィットさせます http://halon.thriftystmartin.com/
2008/10/24(金) 18:25:11 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sportsmanagement.blog54.fc2.com/tb.php/97-124ecb87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。